離婚の解決策1st

夫と離婚する方法|奥の手や1st究極策

夫と離婚したい場合の方法

主人との離婚を考えています・・・
旦那と離婚したいのですが離婚に応じてくれません・・・
円満に夫と離婚する方法を知りたいです・・・


このように、ご主人と離婚したいとお考えの方も多くいらっしゃいます。
しかし、女性は離婚後に経済的な不安も残りますので、
ご自身が不利にならないような離婚を考えられる方が、
多いように感じます。


ただ、ご自身が離婚をしたくても、
離婚が必ずしも出来るという事ではありません。
それはもしもご主人が離婚を受け入れてくれなかった場合は、
法律的に認められたご主人の落ち度がなければ、
離婚が認められることはないという事なのです。


その法律的に認めらる項目をご紹介します。


・不貞行為のあったとき

・婚姻生活を継続し難い、重大な理由があるとき

・生死が3年以上不明のとき

・精神病で回復の見込みがない時

・悪意の遺棄


と法律で定められている上記5項目のいずれかがないと、
ご主人が離婚を認めなければ離婚は成立しません。
要するに、ご主人に落ち度がなく、ご主人に離婚を切り出した時に、
もしもご主人が離婚を認めないだろうという予想がされるなら、
正面からぶつかっていっても無理という事なのです。


もしも、ご主人に離婚というキーワードをまだ出していないなら、
離婚に向けて計画的に進めていくことをお勧めします。
少し前に離活という言葉がはやりました。
離活とは離婚活動の略であります。


我々も離婚に向けて、様々なご提案をさせて頂いておりますが、
ご自身でやってみる価値がある内容もございます。


たとえば、

○ご主人が浮気するように性交渉を拒む、自由にさせる

○離婚後のために安定した仕事を探す

○お金を持たせる

○家事を疎かにする

○ダメな配偶者を演じる


といった内容になりますが、これらはご主人の方から離婚を切り出す事も、
決してないとは言えない内容になります。
試してみることに決してマイナスはないかと思います。




さて、離婚されたいと思われるにも、必ず理由があると思います。


弊社に寄せられるご相談の中では、

○他に好きな人が出来た

○性格、価値観が合わない

○旦那さんのDVや借金


これらの理由が多いように感じます。
理由別にお話をさせていただきます。



「他に好きな男性が出来た」


ご主人以外の男性との関係をご主人に悟られぬように、
知られることのないようにしなければなりません。
どんなに離婚をしたいという理由を並べても、
本当の理由を知られてしまったら、ご自身の立場が悪くなるだけです。
また、誰にでも自分の落ち度でないという事であるなら、
意地もはるでしょうし、良いことはまったくありません。


しかし、もしも男性との関係も進行中であるならば、
離婚問題が延びれば延びるほど、ご主人に悟られます。
そして、離婚を進めるために不倫相手との時間を裂いてしまうと、
今度は不倫相手との関係も崩れるかもしれません。


その辺のバランスが非常に難しく、極端な優先順位をつけることも、
バランスを保ちづづけることも、決して簡単ではありません。
このような場合は、出来る限り短期で問題を解決していくと考えるべきです。


弊社におきましては、出来る限り円滑に離婚をされたいという方、
ご自身の落ち度でなくご主人の落ち度で離婚をしたいという方へ、
業務をご提供しております。


このような場合の多くはご主人に落ち度を作るという内容になります。
それは、弊社のスタッフをご主人と知りあわせ、
対人関係を築いていき、弊社スタッフとの関係をもとに、
離婚を進めていただくという内容です。



「性格、価値観が合わない」


このような理由では長期化する可能性が極めて高いです。
それは、ある程度の歳月を一緒に過ごされてきたと思いますから、
このような理由で離婚を切り出されたとしても、
ご主人の立場になれば、離婚に至るまでの落ち度だと感じずに、
離婚したいという理由にピンとこない方が多く、
悪かったところを少しでも治せば離婚まで進まないだろうと考えます。


また、このような理由ではどんなに離婚を進めようとしても、
法律的に離婚が可能となる内容ではありませんので、
他の手段を考えなければなりません。


弊社でこのようなご相談を賜った際は、
まずは、どの程度の時間をかけることが出来るのかを伺います。
中には、ご主人との生活を精神的な苦痛の何物でもないと思われるぐらいの、
疲労が蓄積されてしまう方もいらっしゃいます。


5年、6年という時間をかけることが出来るならば、
別居という形で時間が経過すれば婚姻生活が破綻していると言う事で、
離婚を認められるケースもございます。
ただし、別居の場合、婚姻費用をご主人に請求することはできますが、
生活保護を受けるのは難しくなります。



「旦那さんのDVや借金」


このような理由での離婚は法的に進める事で離婚は可能となるでしょう。
しかし、実際にDVを受けていたりするならば、
恐怖心から離婚を切り出せなかったりという状況が考えられます。
前提として、話し合いで解決をしようとしても無理だと思いますので、
法的機関を通して、第3者に入ってもらいながら離婚の話を進めるべきです。


また、ご主人が何をしてくるのかわからないという恐怖をお持ちの方、
確かに恐怖心を抱いてしまうとご自身が我慢をすれば済む話なので、
塞ぎ込みがちになるかと思いますが、
ご自身の人生も一度きりです。我慢していて状況が好転するなら良いですが、
離婚したいと思われる以上、強い気持ちをもって進めるべきだと思います。


ご主人の性格が変わることはないですから・・・
今はDVも社会的な問題となり、保護を受けれることもございます。
そのような形で進めることをお勧めいたします。



ざっと解説させて頂きましたが、我々は業務やご相談を通して、
日々このようなお話をしております。
皆さん、経験したことのない状況だからこそ、
どのように進めるべきなのかわからないと思います。
わからないときこそ、我々にご相談されることをお勧めいたします。
きっとお役に立てると思います。