離婚の解決策1st

離婚したい 離婚してくれない妻・夫のせいで離婚できない 具体策

離婚したい方法

離婚したいのにしてくれない、拒否する妻や夫に対してどのように対応するべきか?

法律上守られてしまってる妻や夫に、離婚したいと繰り返しお願いしても無駄です。

最初は、あなたに離婚したいと言われることで精神的に揺さぶられ、

「嫌われてしまった、、、」

「離婚したくないと言っても、聞いてくれない。話し合いにならない。もく無理か・・・」

「離婚した方が良いのかなぁ」

と、離婚したくないからこそ頑張ってみて、あなたの意志の固さにショックを受けて、 その流れで「もう疲れてしまった。離婚しよう・・・離婚するしかない」と思うパターンもありますが 現実では、夫や妻に離婚したいと言われたとしても応じる方が少ないのです。

それは、最初はそのように精神的揺さぶりから「男女関係」という捉え方をして、 好かれてないのであれば離婚するしかない。

絶対に離婚したいと言われたら仕方ない。

という風に考えるのですが、離婚してほしいと言われることや、 冷めた態度に慣れていくと、段々と「男女関係」ではなく、「夫婦関係」として捉えるようになります。

離婚したい方法 男女関係を成立させているものは、「好き」「嫌い」という愛だとすれば、 夫婦関係を成立させているものは、「生活」です。

生活の中には、生活費といったお金の悩みが土台となり、 子供への影響であったり罪悪感なども含まれています。

特に、生活費といったお金の部分では、離婚したいのに専業主婦だと我慢して離婚しないケースも多いですから、 離婚したくない側となれば、専業主婦はもっと離婚拒否するわけです。

愛されていないことのショックよりも、 離婚した後の生活を想像してみて、

● どうやって生活していけばいいんだろう。

● 就職活動して、普通の所得を得るような仕事に就けるだろうか。

● 仕事に就けたとしても、これから65歳まで働き続けるのか・・・

● 朝から夜まで働いて頑張らなければならない。

というイメージとなると、専業主婦からすればそれは恐怖でしかありません。

旦那に好かれてないとしても、自分が離婚届けに印鑑を押さなければ離婚成立しないわけですから、 とりあえず耐え続けるという選択肢を選びます。

離婚したい方法 専業主婦でないとしても、

● 捨てられるという形での離婚は認められない

● 友人や家族に何て説明すれば良いのかわからないし、言いたくない

● 友人から「離婚なんてしたら駄目」「子供の事を考えて!」「浮気してるなら、別れさせればいい!」とアドバイスをされる

ということで、離婚してくれないケースもあります。

究極な言い方になりますが、人間関係はお互いに期待するものがあって成立します。

例えば、会社の同僚でもそうです。挨拶を普通にしてくれることや、 最低限の仕事をしてくれることや、遅刻したら謝罪することなど、常識なものを期待し、 その期待に応えてくれるものが大きければ大きいほど「親しい」「敬意」に変わります。

友人でも同じですよね?

「話を聞いてくれる」「否定しないで応援してくれる」「笑わせてくれる」など期待があり、 どんな期待をしているかによって、今日会う友達も違うと思います。

遊びたい気分のときは楽しい友達。真面目な話がしたい時は信頼のできる友達。

公園で遊んでる時だってそうです。

公園の雰囲気を壊さないことを他人にすら期待しています。 煩くない、怖そうじゃない、臭くない、馴れ馴れしく話し掛けてこない、、、、 他人にすら期待するものがあり、それが成立するから同じ空気を吸い共有するわけです。 それが出来ないと、部屋に引きこもるだけです。

離婚したい方法 夫婦であることも、同僚であることも、友人であることも、全ては「期待」によって結びついているわけです。

ということは、期待=自分の望み=欲求 ですから、 離婚したくない側も、離婚したい側も、それぞれが自分の欲求に従っているわけです。

離婚したい理由がなんであろうと、第三者には判断が難しい性格の不一致や 性生活(セックスレス)などであろうと、 離婚したくない側がどうして離婚したくないのかを正しく分析してみましょう。

離婚したいのに、離婚してくれない妻・夫のせいで離婚できない時の 絶対に離婚できる具体策とは、まずその分析から始めます。

離婚してくれない嫁や旦那も、愛されていない人生で満足しているわけではありません。

専業主婦であろうと、子供1人、2人、3人、、、といようと、離婚歴があろうと、 今よりも自分の生活が充実するという見通しがたてば離婚を受け容れたくなります。

離婚することに恐怖感がなくなれば、今度は離婚へ向けて加速します。 転職と似てると思います。

会社に不満があり、上司に不満があり、、、 でも、今さら転職活動は面倒くさいし、普通に働いていれば給料は貰えるし、 休日にストレス発散をして、精神的バランスを保てばいい、、、、 そういう心境に非常に似ているかと思います。

何も考えないで嫌だから会社辞めてきた!という人よりも、 次の転職先などを調べて、ある程度見通しを立ててから辞める人が多いはずです。 ということは、会社を辞めても良いと思えるだけの条件を作ってあげることが 離婚の場合でも同じように誘導することが、離婚を叶える1st究極策です。

これ以上の成功率、達成率が高い方法は存在しません。

離婚したい方法 ACGには、20年にわたってこうした条件をつくることを専門にした工作員が在籍しています。 彼ら熟練者、玄人だからこそターゲットの抱える離婚への恐怖をなくし、 人間誰もが欲している「楽しみ」「安心」「喜び」「刺激」といった感情をコントルールすることで、 離婚してくれない旦那・嫁が離婚したいと言うように導いたり、 いくら妻、夫が離婚したくないと拒否しようと、親戚も離婚を勧め、 法律上でも圧倒的にこちらが有利になるようにすることを提供しています。

全ての皆さんに同じ方法が通用するのではなく、 登場人物のキャラクターや、その夫婦の経緯や現状などに左右されますので、 まずは無料相談にて、どれくらいの手間暇がかかりそうなのかを診断されてみてください。

慰謝料や親権、養育費、財産分与その他についてもアドバイスしています。

アメーバでの公式ミシマブログでも離婚したいのに離婚できない方に 詳しくアドバイスをしていますが、 24時間無料相談対応の、ACグループの電話・メール受付でも、 匿名でのご相談対応していますので是非お話しをお聞かせください。